社畜の心臓を捧げよ!

Office365のSharePointOnlineやExchangeOnlineについて解説していきたいと思います。

【Sharepoint】SharePointOnlineの容量を確認する方法について

SharePoint Onlineの容量は、 1 テナントあたりの記憶域が既定で (ユーザー数 × 10 GB) + 1.0 TB です。  

※ユーザー数はSharepoint Onlineのライセンス数を示しております。また、ライセンスの割り当ての有無に関わらずカウントされます。 

    

なお、サイト コレクションで利用出来る容量の上限については、25 TB まで設定が可能ですが、実際の上限はテナントに付与されている容量が上限となります。  

※手動の場合、各サイトのストレージが25600GB(25TB)に設定されております。 

  

複数のサイト コレクションを利用する場合に関しましても、それぞれ上限は 25 TBまで設定可能ですが、複数のサイト コレクションの容量の合計がテナント全体の容量の上限を超えて利用することはできません。  

   

■ 記憶域の追加購入について  

SharePoint Online の容量のみを追加する場合は、GB 単位で追加購入が可能です。 

※ [Office 365 Extra File Storage]のライセンスを購入することで可能です。 

  

-実際の購入手順 

  1. 管理者ユーザーアカウントにて Microsoft 365 管理センターへアクセスします。 
  2. 画面左側に表示される [課金情報] - [サービスを購入する] クリックします。 
  3. 購入可能なサービスの一覧が表示されるため、下記サービス名にカーソル オーバーし、[今すぐ購入] ボタンをクリックしていただくと購入手続きを進めていただくことができます。 

なお、追加ストレージのサービス名は下記の二つです。  

   

・ Office 365 Extra File Storage : \21 (ギガバイトあたり/月) 

・ Office 365 Extra File Storage (月極め) : \27 (ギガバイトあたり/月) 

※ 年間契約か月極めかで料金が異なります。 

 

現在、SharePoint Online の容量を決定づける要件の該当するサブスクリプション ( SharePoint Online プラン 1、およびプラン 2 ライセンスが含まれるもの) についてもご紹介します。 

  

- Microsoft Teams Exploratory 

------------------------ 

以上のサブスクリプションは、SharePoint Online (プラン 1) を含む無料 (試用) サブスクリプションです。 

契約したライセンス数 × 10 GB が SharePoint Online のストレージ容量としてテナントに設定されます。 

------------------------ 

  

- Office 365 Business Premium 

- Office 365 Business Essentials  

- Office 365 Enterprise E1、E3、または E5、または SharePoint Plan 1 または 2 

------------------------ 

サブスクリプション契約しテナントが作成された時点で、SharePoint Online のストレージ容量は 1 TB テナントに付与されます。 

そのうえで、上記の Office 365 サブスクリプション契約の数 × 10 GB が SharePoint Online のストレージ容量としてテナントに設定されます。 

------------------------ 

  

- Office 365 Enterprise F1 

------------------------ 

以上のサブスクリプションにつきまして、テナントが持つ SharePoint Online の容量は、ライセンスの数に依らず、1 TB となります。 

なお、同時に Office 365 E1 などのエンタープライズ サブスクリプションなどを契約している場合は、エンタープライズ サブスクリプションと同様の計算となります。 

------------------------ 

 

テナント全体の容量とサイトごとの容量の確認方法を以下にご紹介します。 

 

■ テナント容量の確認方法について 

1) 管理者権限にて、Office365 ポータルにアクセスし、左側の [管理センター] > [SharePoint] にて、SharePoint 管理センター にアクセスします。 

2) [アクティブなサイト] をクリックし、画面の右上にある [** TB 中 ** TB 使用可能] よりテナントの合計容量、と利用可能容量を確認します。 

 

■ サイトの容量の確認方法について 

1) 管理者権限にて、Office365 ポータルにアクセスし、左側の [管理センター] > [SharePoint] にて、SharePoint 管理センター にアクセスします。 

2) [アクティブなサイト] をクリックし、[使用済みストレージ] にて各サイトの使用容量 (GB) を確認します。 

※従来のSharePoint管理センターの場合は、画面右上の [今すぐ試す] をクリックします。 

 

また、"サイトの設定" から、"記憶域メトリックス" という機能を利用することにより、ライブラリごとの容量を確認することが可能ですので、あわせてご紹介します。 

 

記憶域メトリックス 

  1. 全体管理者のアカウントにて、該当の SharePoint サイトにアクセスします。 
  2. サイト ホーム ページ右上、[歯車アイコン] から、[サイトの設定] をクリックします。 
  3. "サイト コレクションの管理" 項目内、[記憶域メトリックス] をクリックします。 
  4. サイト内、ライブラリの、合計サイズ等をそれぞれ確認可能です。 

※既定のドキュメント ライブラリは、"ドキュメント" と表記されます。  

  

SharePoint Online の記憶域メトリックスに表示されるサイズについては、ドキュメント パーサーやバージョン履歴の情報などを含む合計サイズが表示されます。  

また、ファイルのバージョンが存在する場合には当該ファイルの容量と同等の容量がバージョン履歴の数だけ加算されて表示される動作となります。  

上記内容から記憶域メトリックスに表示されるサイズに関しては、ひとつのファイルがサイトで使用している容量の合計が表示されます。 

 

■容量を超えた場合にどのような影響があるか?

ファイルのアップロードができなくなったり、格納しているファイルが読み取り専用になるため編集ができなくなります。